ご先祖様からのサイン~地丘に現れる直観力とお導き~

palm
この記事は約4分で読めます。

地丘とは:手首の真ん中周辺の部分

ギリシャ神話の海の神:ネプチューン/ローマ神話の冥府(めいふ)の神:プルトの象徴

地丘で分かるサイン

✅ご先祖様からのサイン!!

✅直観が冴える。

✅霊感がある方である。

✅運が良いことが起こるかも・・・

✅人生の土台つくり

なぜか物事が上手く行きやすい!!守られている気がする。迷ったら直観に頼っている・・・そんな方はこの地丘の相・ご先祖様が導かれているかも知れません。

全てが上手くわけではありませんし、直観だけに頼らず、ご先祖様からの訴えを正しく理解して、より自分らしく生きられるように、地丘についての理解をしていきましょう。

地丘が膨らみツヤがある場合

地丘とは、元々金星丘(親指)と月丘(小指側の手首周辺)の間にあり、少しくぼんでいる状態が普通です。しかし膨らみがあり、ツヤがあると言う方をみかけることがあります。

そういった地丘の膨らみとツヤは、ご先祖様からの守護が働きかけているサインです。

困難やトラブルに遭遇しても最終的には良い方向へ向かうことが多いです。霊感・第六感(シックスエセンス)も持ち合わせていることがあり、他の人には感じられない霊感や直感によって危機を逃れるたり、大きなチャンスをつかむこともあるかも知れません。

人生の土台としての経済力や仕事・家庭環境が整っているサインにもなります。

地丘がやせ細っている場合や荒れている状態の場合

ご先祖様との関わりが減っている状態や、つながりが乏しくなっているサインかも知れません。

また、人生の土台としての経済力や仕事・家庭環境が整っていいないサインにもなります。

一度、ご先祖様に手を合わせに行くなど、家族・ご先祖様との関わりを増やすことも開運の1つになります。

地丘に良いサイン

スター線(3本線で描かれた星のマーク)が現れている場合

どこに現れても良いサインですが、地丘に現れているということは、霊感や第六感(シックスセンス)に冴えている状態で、困難やトラブルを未然に防げる相になります。

また、人生の土台としての経済力や仕事運に恵まれて、大運を得られる可能性があります。

注意がひつようなことは、ご先祖様からの守護だということを理解して、感謝の気持ちを持って他人への慈悲を忘れないようにすることです。ボランティアなども有効です。

トライアングル(三角マーク)やスクエア(資格マーク)が現れている場合

どちらも良いサインです。トライアングルとスクエアで少し違うことは、三角マークはトラブル無く運気上昇というイメージですが、スクエアはトラブルを介した後に運気上昇するイメージになります。

また、運命線や生命線に接触している場合は、逆に運命線や生命線の意味合いを弱めてしまうサインになります。注意して確認する必要があります。

土台線が現れている場合

人生の土台となる経済力や仕事・家族環境が安定してしているというサインです。

ご先祖様からの守護だと言うことを理解し、周囲への良い影響を与えられるような生き方をすることで、運気は上昇した状態を維持できるでしょう。

地丘に良くないサイン

地丘にクロス線(✖印)が現れている場合

地丘にクロス線が現れている場合、人から良くない影響を受けたり経済力の低下に影響する可能性があります。自分だけで判断すると痛い目にあうことも考えられるので、信頼できる方に相談して行動するとを心掛けましょう。

地丘に”ほくろ”が現れている場合

親や親族、先祖との縁が薄くなっている状態だと言われます。実家に寄ったりご先祖様へ手を合わせることも良いかも知れません。また、自分で人生を切り開くと言うサインにもなります。

逆に距離感が近い親族とは、親が依存してきたり親族が原因でトラブルに発展することも考えられるので、適度な距離感を保つことが必要です。

根拠のない古い慣習などに捉われず、冷静に判断することが大切とされます。スピリチュアルなものに頼り過ぎると裏目に出やすい面があります。親や親族などが原因でトラブルに巻き込まれたり、何らかの面倒事を押し付けられる可能性が高くなります。

palm
スポンサーリンク
kei-kunブログ

kei-kun

kei-kun

はじめまして kei-kun(けいくん)と申します。
理学療法士15年目突入!!年間4,000人→60,000人の施術経験から「痛みの改善/慢性疼痛」「FOOT CARE TRAINER」として足育成/インソールつくり/靴選び「歩行指導」をしています。

悩みを抱えている方が、少しでも前向きになれるように、手相を独学進行形です。
良かったら気軽にお声かけください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

kei-kunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました