人気は掌からつかめ!!努力して向上できる「あなたの人気」

palm
この記事は約4分で読めます。

人気を司る丘とは・・・月丘

左手(非利き手):元々の運勢としての人気度

右手(利き手) :今からの未来に起こり得る人気度

右の掌(利き手)を観た時に、手首の小指側から斜め上に伸びていく線をみて判断します。

寵愛線とは・・・

月丘から伸びる線濃く運命線まで到達していくようであれば、人気度と運命が重なり「寵愛線」とも呼ばれる線へ進化します。

引き立て線とも言われる月丘からの伸びあがる線は、異性や自分が求める業界の大御所からの声がかかってサポートを受けたり、財力を持った異性からアプローチを受けたりと言った玉の輿線・シンデレラストーリーが開花する可能性がある線です。

人気線:他人からの人気が得られる方とは??

人気線とは、月丘に現れる斜め上側へ伸びていく線のことで、濃さと長さで判断します。

他人を惹き付けるセンスを持ち合わせ、芸能関係や接客業などで活躍が期待されます。自己アピールが上手く言葉だけではなく仕草や行動から他人を魅了できるといった魅力が溢れている方です。

仕事面での活躍にも関係しますが、寵愛という異性からのアプローチにも関係します。自分からというよりは他人から好かれると言った意味合いが含まれるので、人気という言葉が似合う線です。

そして、この人気を不動のものにする行動は、「自分を磨く」ことです。

他人から注目されている状態なので、自分を磨くことで更に魅力が向上できます。

もし天性の才能で他人に好かれている状態であっても自分を磨く努力を怠れば、「人気線」は薄く途切れていくかも知れません。

まずは、「人気線」があるかどうかを理解して、さらに自分の魅力につながること(自分の興味があること)を追求していくことが、この「人気線」を高めていく行動になります。

さらに強い人気線とは・・・

複数の人気線が現れている場合

1本でもあれば幸運な線ですが複数の「人気線」が現れている場合は、他人を惹き付ける能力が一層高い状態を示します。「人気線」の効力から、芸能や接客業で有名人やトップに立てる素質があります。

天性の他人から好かれる能力が助けになって、自分自身も他人を魅了でき得る方法が理解できている方かも知れません。

フィッシュ線が人気線上に現れている場合

「人気線」にフィッシュ線まで現れている場合、その魅力がさらに高まっている状態です。この機を逃さず自分をアピールすることで、新たな世界へ歩めるきっかけになるかも知れません。希望の仕事やフィールドで自分をアピールすることで人気が急上昇することが期待されます。

スター線が人気線上に現れている場合

さらに、スター線が「人気線」とともに現れている場合は「人気」と「スター性」を兼ね揃えた魅力に溢れ、一期ににスターへ駆け上る可能性やいきなり有名人へ変貌するほどに人気が得られるサインです。天性のスター性に加えて良いきっかけチャンスが舞い降りてきて、名声を得られるでしょう。

月丘から成功へ導く線

月丘に現れる「人気線」とは、天性のものもありますし、努力をして伸びる線でもあります。

この「人気線」が濃く・長くなる理由は「努力するセンス」です。

好きなことに熱中できることや、人知れず努力を重ねていたことが開花すると言ったことの方がしっくりきます。

例えば最近ではYouTubeでヒットする方や本を書いて有名人になったり、単に一般人がボランティアをする中で有名になったり・・・

テレビを観ていて驚きました。小学生のプロゲーマーや小学生からYouTubeを自分で毎日上げ続けた後に、歌手になられている方など・・・努力の方法が昭和ではなく今は自由度がぶっ飛んでいますね。

実は、他人と接する機会を中心に「自分がしたいこと」をとことん追求した行動の結果から「人気線」が現れていることが考えられます。もちろん、努力もあまりしたことが無くても得られる方もおられ、それが天性の「スター」かも知れません。しかし、努力から得られる「人気線」もあると言うことを理解して、その努力する方法や方向が人それぞれ違っていて、「人気線」を手にする方は努力するセンスに長けていると言えると思います。

palm
スポンサーリンク
kei-kunブログ

kei-kun

kei-kun

はじめまして kei-kun(けいくん)と申します。
理学療法士15年目突入!!年間4,000人→60,000人の施術経験から「痛みの改善/慢性疼痛」「FOOT CARE TRAINER」として足育成/インソールつくり/靴選び「歩行指導」をしています。

悩みを抱えている方が、少しでも前向きになれるように、手相を独学進行形です。
良かったら気軽にお声かけください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

kei-kunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました