palm:手相 恋愛にまつわる掌のサイン

palm
この記事は約4分で読めます。

恋愛線

恋愛線とはピンクの線の部分のことです。

✅過去の恋愛状況は左手(非利き手)

✅これからの未来の恋愛状況は右手(利き手)

をみて判断します。

✅線の濃さや状態

✅途切れていないか

✅複数線がないか

など、その方の恋愛遍歴が明らかになる可能性があるので、そっと理解してパートナーの手相を拝見してみましょう。

恋愛線と結婚線の違い

結婚線は緑色の線の部分で、小指の横側をみて判断します。濃い線が何本あるか、横に薄い線が邪魔していないか・・・などで結婚が上手くいくかどうかをみていきます。

ピンク色の線の部分が恋愛線のことで、感情線から下に(斜め方向に)伸びる線です。そのまま金星丘(親指)まで達する線であればより愛情が高まる大恋愛かも知れませんが、線の濃さや本数、途切れていないか、枝分かれしていないかをみて判断します。

恋愛線の基本的な意味

生命線の辺りから下斜め方向に伸びる線を確認します。

恋愛線が長い線・濃い線の場合

生命線を大きく通り過ぎる程の長い恋愛線は、恋愛に対する想いが強いことを示し、濃い恋愛線はそれだけ密度が深い内容の濃い恋愛であることを示したり、恋愛についての憧れやこだわりの強さを示しています。相手からも愛されていないと長く濃い線に発展しないとされています。もしも感情線の下に長く濃い線が現れている場合、大恋愛中またはこれから大恋愛に発展する予感が期待されます。

恋愛線が短い線・薄い線の場合

生命線の手前で薄くなり途中で終わっているような短い恋愛線は、「片思い」を現します。

もしも好きな人が現れても、成就し辛く、成就した後にも愛情不足を感じたり苦労するかも知れません。しかし、手相は変化しますし、恋愛中にあなたの魅力が伝わり伸びていくことを考えられます。進むか留まるかを決めることは、自分の気持ちを確認して後悔しない方を選択すると良いと思います。

若気の至りとして経験するか歳を重ねて結婚をしたい相手を選ぶのかは、あなた次第ですね。

恋愛線が複数ある場合

恋愛線が複数ある場合、それだけ出会いの数が多いことを示しています。成就するのか、複数あるから幸運なのかは人それぞれですが、複数の中に長く伸びる線の方が本命になりますが、本命と恋愛に至るかはあなた次第です。

恋愛線の先が枝分かれしている場合

恋愛運はありますが、交際後に別の異性との出会いを暗示しています。恋愛経験が豊富で、いろいろな異性に目移りし易くなる状態や、浮気や不倫の願望が懸念されます。行動には注意し、目移りする自分の感情を理性で抑制しないと大変なトラブルに発展するかも知れません。

また枝分かれしている場合であっても、線の濃さによって意味合いが異なります。

濃い場合は恋愛上級者で浮気症な暗示に、薄い場合は想いを伝えられずに引っ込み思案から本命以外と結ばれるなど、受け身の恋愛や誤解を生む暗示になります。

恋愛線上にスター線やフィッシュ線が現れている場合

恋愛線上に幸運の印が刻まれている場合は、大恋愛・本命の出会いのサインです。スター線やフィッシュ線が現れている場合は、恋愛が成就する・本命と出会える・両想いになれる、そんなサインになるので、出会う方をしっかり見定めて幸運をつかみましょう。

恋愛線上に十字(クロス)線や島(アイランド)が現れている場合

恋愛線上に十字(クロス)線や島(アイランド)が現れている場合、その恋愛の停滞やトラブルを暗示しています。努力しても相手からの愛情が乏しくなったり、不倫や浮気など恋愛のトラブルが発覚するなど、良い兆しではないので注意して状況を見定めましょう。

まとめ

あなたは恋愛をしたいと思っているでしょうか?

相手はどんな方が良いでしょうか?

人は多面的で全てが自分の理想に合う方と出会える確率は・・・

もしも、そんな方と出会えたなら「運命の人」と感じて、結婚するでしょうか??

全ては、巡りあわせで、一つ一つが奇跡の重なり合いだと思います。

しかし、嫌な部分を受け止められるかも、あなた次第だと思います。

自分の思い通りのパートナーであれば、本当に楽しみや幸福を感じられるか・・・

異なった感性だからこそ惹き合うかも知れません。

palm
スポンサーリンク
kei-kunブログ

kei-kun

kei-kun

はじめまして kei-kun(けいくん)と申します。
理学療法士15年目突入!!年間4,000人→60,000人の施術経験から「痛みの改善/慢性疼痛」「FOOT CARE TRAINER」として足育成/インソールつくり/靴選び「歩行指導」をしています。

悩みを抱えている方が、少しでも前向きになれるように、手相を独学進行形です。
良かったら気軽にお声かけください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

kei-kunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました